integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

自我の構図

 

初出

書下ろし
「愛の誤算」(「小説宝石」1970年2月、光文社)と「愛の傷痕」(「小説宝石」1970年5月、光文社)の二つの短編を書き下ろしのための下地としている。

 

単行本

1972(昭和47)年7月10日、光文社
B6判、厚紙装、カバー、オビ
266p ; 20cm
570円
装幀:堀文子
収録:自我の構図

 

オビ

オビ


●待望の書下ろし長編小説
自我の構図
三浦綾子
人は、果たして人を真に愛し得るか―北海道・旭川を舞台に永遠の課題に取り組む著者初の書下ろし長編小説


オビ背


三浦綾子初の書下ろし長編小説

 

オビ裏

新雪をかぶった大雪山連峰を前にして、ほとばしる激流の天人峡に身を投じた高校の美術教師。その美しい妻に思いを寄せる同僚の新進日本画家。憎しみと誤解との渦の中で苦しむ二人の心の軌跡を通して、愛のあり方を問う。
(カバー折り返し裏)
『自我の構図』作者の言葉
人は、果たして人を真に愛し得るか。これは永遠に、私たち人間にとっての課題であろう。
いかに真剣に愛を傾けたつもりでも、結局は自我の現われでしかなかったという事実に、私たちはしばしば突きあたる。それほど、人は人を愛し得ない存在なのであろう。
と気づいたとき、私たちの愛のあり方求め方は、もっと違ったものになるに違いない。

画像

 

自我の構図―長編小説 (1972年)

自我の構図―長編小説 (1972年)

 

 

文庫

講談社文庫版

『自我の構図』1982年4月15日、講談社文庫、講談社
254p ; 15cm
年譜: p250~254
収録:自我の構図/解説(久保田暁一)/年譜
340円

画像
自我の構図 (講談社文庫)

自我の構図 (講談社文庫)

 

 

小学館文庫版

『自我の構図』2016年4月6日、小学館文庫、小学館

304p ; 16cm
収録:自我の構図/解説(酒井順子)
730円+税

画像
自我の構図 (小学館文庫)

自我の構図 (小学館文庫)

 

 

三浦綾子作品集

『三浦綾子作品集 第六巻』1984年3月25日、朝日新聞社

 

 

 

 

三浦綾子全集


『三浦綾子全集 第五巻』1991年12月24日、主婦の友社

 

三浦綾子全集〈第5巻〉

三浦綾子全集〈第5巻〉

 

 

三浦綾子電子全集

『三浦綾子 電子全集 自我の構図』(小学館ebooks)2012年11月23日

 

 

 

 

テレビドラマ化

MBS「テレビスター劇場 愛の誤算」

 

1970(昭和45)年 48歳
1月6日~3月3日、MBS「テレビスター劇場 愛の誤算」放送。脚本:星川誠司、辻久一、出演:司葉子、天知茂ほか

 

NHK総合「自我の構図-銀河テレビ-」


1974(昭和49)年9月16日(月)~10月11日(金)
NHK総合
午後9時40分~午後10時 ※再放送は翌日午後1時5分~午後1時25分、NHK総合で放送された。
「自我の構図-銀河テレビ-」放映開始(10月11日まで20回連続)
三浦綾子原作
楠田芳子脚本
主演・大空真弓(藤島美枝子)
瑳川哲朗(南慎一郎)、吉行和子(南由紀)、日下武史(藤島壮吉)、草薙幸二郎(鈴木刑事)、今出川西紀(吉沢雅子)、村瀬幸子(藤島松江)、中村伸郎(小西蒼竜)。