integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

11/15

1965(昭和40)年 43歳
11月15日付、朝日新聞夕刊に「「氷点」を終えて――〝原罪〟を訴え得ただろうか。」が掲載される。弟秀夫と東京を訪れ、朝日新聞の出版担当と書店を回る。

東京滞在中にサイン会が三軒の書店で行われる。

『氷点』(朝日新聞社)刊行。

 

氷点

氷点

 

 

1983(昭和58)年 61歳
11月15日、映画「海嶺」(松竹映画制作、ワールドワイド映画提携)完成。旭川で特別試写会が開かれる。

 

1984(昭和59)年 62歳
11月15日、金巻鎮雄(かねまきしずお)編『小説の舞台を写真でつづる 三浦綾子の世界 旭川文庫6』(総北海)刊行。

 


1987(昭和62)年 65歳
11月15日、講談社文庫『イエス・キリストの生涯』刊行。

 

イエス・キリストの生涯 (講談社文庫)

イエス・キリストの生涯 (講談社文庫)

 

 


1994(平成6)年 72歳
11月15日、講談社文庫『心のある家』刊行。

 

心のある家 (講談社文庫)

心のある家 (講談社文庫)

 

 
1997(平成9)年 75歳
11月15日、書き下ろし随筆集『さまざまな愛のかたち』(ほるぷ出版)、講談社文庫『小さな一歩から』刊行。

 

さまざまな愛のかたち (シリーズこころ)

さまざまな愛のかたち (シリーズこころ)

 

 

 

小さな一歩から (講談社文庫)

小さな一歩から (講談社文庫)

 

 
2003(平成15)年 
11月15日、講談社文庫『遺された言葉』刊行

 

遺された言葉 (講談社文庫)

遺された言葉 (講談社文庫)

 

 

2006(平成18)年 

11月15日、光世著『青春の傷痕』(いのちのことば社フォレストブックス)刊行。

 

青春の傷痕 (フォレスト・ブックス)

青春の傷痕 (フォレスト・ブックス)

 

 

2015(平成27)年:『ひつじが丘』連載開始50周年

11月15日(日)、梯久美子著『愛の顛末 純愛とスキャンダルの文学史』(文藝春秋社)が発売開始。*1

 

愛の顚末 純愛とスキャンダルの文学史

愛の顚末 純愛とスキャンダルの文学史

 

 

 

愛の顚末 純愛とスキャンダルの文学史 (文春e-book)

愛の顚末 純愛とスキャンダルの文学史 (文春e-book)

 

 

*1:「三浦綾子――「氷点」と夫婦のきずな」がp43~59に収録されている。