integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

7/1

1998(平成10)年 76歳
7月1日、小学館文庫版『雪のアルバム』刊行。

 

雪のアルバム (小学館文庫)

雪のアルバム (小学館文庫)

 

 2001(平成13)年 

7月1日、『三浦綾子小説選集8 銃口・年譜』(主婦の友社)刊行。

 

銃口・年譜 (三浦綾子小説選集)

銃口・年譜 (三浦綾子小説選集)

 

 

2006(平成18)年 
7月1日、光世著、小学館文庫版『三浦綾子創作秘話』刊行。

 

三浦綾子創作秘話 (小学館文庫)

三浦綾子創作秘話 (小学館文庫)

 

 

2010(平成22)年 
7月1日、光文社知恵の森文庫版『旧約聖書入門―光と愛を求めて―』『聖書に見る人間の罪―暗黒に光を求めて―』『新約聖書入門―心の糧を求める人へ―』『なくてならぬもの―愛すること生きること―』『新しき鍵―結婚について考える―』(電子書籍)配信開始。 

 

 

旧約聖書入門?光と愛を求めて? (光文社文庫)

旧約聖書入門?光と愛を求めて? (光文社文庫)

 

 

 

 

なくてならぬもの?愛すること生きること? (光文社知恵の森文庫)

なくてならぬもの?愛すること生きること? (光文社知恵の森文庫)

 

  

新しき鍵?結婚について考える? (光文社文庫)

新しき鍵?結婚について考える? (光文社文庫)

 

 

2014(平成26)年 「氷点」50年、三浦光世召天
7月1日(火)~10月28日(火)、三浦綾子記念文学館にて「『氷点』3 連続企画展:2014年7月1日―10月28日/ “ゲンザイ”自己チューの根っこにある淋しさ=原罪/『氷点』は現いま代に何を語るか。」が開催され、『氷点』の創作ノートが展示される。
 
2016(平成28)年 「塩狩峠」50年
7月1日(金)~7月31日(日)まで、和寒町立図書館において「特別展 小説『塩狩峠』一粒の麦」が開催される。入場無料。※「塩狩峠50年事業」イベントの一環。
7月1日(金)~10月28日(金)、三浦綾子記念文学館において特別展 「『塩狩峠』「一粒の麦 いのちより重い愛の尊さ」」が開催される。※「塩狩峠50年事業」イベントの一環。
7月1日(金)~8月31日(水)、上富良野町保健福祉総合センターかみんにて「特別展 小説『泥流地帯』生きる、をつなぐ」が開催。入場無料。※「塩狩峠50年事業」イベントの一環。
 

2017(平成29)年:『道ありき』連載開始50年
7月1日(土)~7月14日(金)、12時~シアターセブン(大阪市)にて映画「母 小林多喜二の母の物語」(監督・製作総指揮、山田火砂子)が上演される。