integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

6/24:妹陽子が結核で死亡(1935年)、朝日新聞本社学芸部デスクの門馬義久記者ら訪問(1964年)

1935(昭和10)年 13歳
6月24日、妹陽子が結核で死亡(享年6、のち『氷点』のヒロインにその名がつけられる)。「これほどの悲しみがこの世にあることを、私はその時まで知らなかった」(『草のうた』)


1964(昭和39)年 42歳
6月24日、朝日新聞本社学芸部からデスクの門馬義久記者と同社旭川支局長小林金太郎が訪問。

 

1987(昭和62)年 65歳
6月24日、講演。「人間ということ」旭川市パークホテル、教誨師全道大会。


1996(平成8)年 74歳
6月24日、三浦綾子記念文学館開設のための資料整理第一日目。八人のボランティアが百冊を超えるスクラップブックから整理を始める。

 

2014(平成26)年 「氷点」50年、三浦光世召天
6月24日、「Cheese! (チーズ)」(小学館)2014年8月号の別冊付録(90ページ)にて、コミカライズ版『氷点』第1話(水谷愛作画)が発表される。

 

Cheese! (チーズ) 2014年 08月号 [雑誌]

Cheese! (チーズ) 2014年 08月号 [雑誌]

 

 
2016(平成28)年 「塩狩峠」50年
6月24日(金)、『三浦光世電子選集 夕風に立つ』『三浦光世電子選集 三浦綾子創作秘話』配信開始。