integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

5/7:『ちいろば先生物語』取材旅行(1984年)

1980(昭和55)年 58歳
5月7日(水)、目の痛み増す。左瞼鶏卵大に腫れあがる。熱39度。大熊医長に電話、16時個室の701号に入院。*1入院中、光世は毎日5時間も6時間も顔に手をかざしてくれた。また、失明を覚悟して、目をつぶって壁を伝い歩く練習をする。
同日5月7日~5月28日まで、ノートに「入院記」を記す。*2


1984(昭和59)年 62歳
5月7日、『ちいろば先生物語』取材のため、アメリカ、イタリア、イスラエル、ギリシア各地を訪れる。ロスアンゼルス着、12日夕方まで滞在。 *3


1992(平成4)年 70歳
5月7日、『三浦綾子全集 第八巻 泥流地帯、果て遠き丘、貝殻、喪失』(主婦の友社)刊行。

光世講演「苦難と希望」旭川市、旭川教会春の伝道講演会。

三浦綾子全集〈第8巻〉

三浦綾子全集〈第8巻〉

 

 

*1:※結婚後初の入院。作家生活初めての休載(「週刊朝日」連載の小説を1980年5月30日号~8月15日号まで)を余儀なくされる。

*2:※三浦綾子記念文学館所蔵資料 ノート「入院記」

*3:『からし種一粒の印象=それでも明日は来る』参照