integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

4/30:父・鉄治死去(1969年)、塩狩峠記念館の開館式に出席(1999年)

1969(昭和44)年 47歳
4月30日、父鉄治死去(享年79)

私の父は、私が四十七歳の時に死んだ。もう十四年も前のことである。父が死んだ時、私は八人きょうだいのうちで、誰よりも激しく泣いた。泣いても泣いても止まることのない涙だった。そして、その後三年間というもの、毎夜のように父の夢を見た。*1 

 

1974(昭和49)年 52歳
4月30日、自伝『石ころのうた』(角川書店)刊行。

 

石ころのうた (1974年)

石ころのうた (1974年)

 

 

1978(昭和53)年 56歳
4月30日、集英社文庫『果て遠き丘』刊行。

 

果て遠き丘 (1978年) (集英社文庫)

果て遠き丘 (1978年) (集英社文庫)

 

 

 


1979(昭和54)年 57歳
4月30日、随筆『孤独のとなり』(角川書店)刊行。大阪府豊中教会にて講演。

 

孤独のとなり (1979年)

孤独のとなり (1979年)

 

 


1996(平成8)年 74歳
4月30日、自伝『命ある限り』(角川書店)刊行。 

命ある限り

命ある限り

 

 
1999(平成11)年 77歳
4月30日、小説『氷点』『塩狩峠』等、初期作品を書いた自宅が「塩狩峠記念館」として、和寒町塩狩に復元され、その開館式に出席。

 

*1:父の影』=『白き冬日』参照