integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

2/20:小林多喜二死去(1933年)

1919(大正8)年
2月20日、光世の兄・健悦生まれる。*1

 

1933(昭和8)年 11歳
2月20日、小林多喜二、築地署で虐殺。

「小林多喜二が虐殺され、滝川事件で滝川教授が休職を命ぜられ、時の京大の法学部長以下三十八人が総辞職した年である。この年、国際連盟を脱退した日本は、次第に進路をある方向にとって歩きつつあった。即ちファシズムの方向である」(『草のうた』30章)


1966(昭和41)年 44歳
2月20日、映画『氷点』ロケーションのために来旭していた若尾文子、安田道代が訪問。

 

1989(昭和64・平成元)年 67歳
2月20日、光文社文庫『聖書に見る人間の罪』刊行。

 

聖書に見る人間の罪―暗黒に光を求めて (光文社文庫)

聖書に見る人間の罪―暗黒に光を求めて (光文社文庫)

 

 


1993(平成5)年 71歳
2月20日、小学館ライブラリー判『私の赤い手帖から 忘れえぬ言葉』<小学館ライブラリー39>刊行。

 

私の赤い手帖から―忘れえぬ言葉 (小学館ライブラリー)

私の赤い手帖から―忘れえぬ言葉 (小学館ライブラリー)

 

 

2000(平成12)年 
2月20日(日)、「三浦綾子さんを偲ぶ講演と音楽の集い」於大阪女学院大ホール。

 

2001(平成13)年 
2月20日、『三浦綾子小説選集4 ひつじが丘・泥流地帯』(主婦の友社)刊行。

 

ひつじが丘・泥流地帯 (三浦綾子小説選集)

ひつじが丘・泥流地帯 (三浦綾子小説選集)

 

 

2002(平成14)年 
2月20日、随筆『忘れてならぬもの』(日本基督教団出版局)刊行。

 

忘れてならぬもの

忘れてならぬもの

 

 

2018(平成30)年:三浦綾子記念文学館開館20周年

2月20日(火)、10時30分~、14時~、赤羽会館小ホール(東京都)にて映画「母 小林多喜二の母の物語」(監督・制作総指揮、山田火砂子)が上映される。

 

 

*1:『夕映えの旅人 生かされてある日々3』に収録された光世の日記の2月20日の記述に「兄の誕生日、喜寿。めでたし」とある。