integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

2/17

1978(昭和53)年 56歳
2月17日、母キサ入院。


1993(平成5)年 71歳
2月17日、『三浦綾子全集 第二十巻 生かされてある日々、風はいずこより、小さな郵便車、それでも明日は来る、心のある家、年譜・著作目録』(主婦の友社)刊行。

 

三浦綾子全集〈第20巻〉

三浦綾子全集〈第20巻〉

 

 
2001(平成13)年 
2月17日(土)~25日、東京オペラシティ「三浦綾子展」が東京オペラシティ特設会場にて行われる。(主催 東京新聞)

 

2017(平成29)年:『道ありき』連載開始50年

2月17日(金)、2月17日・2月18日に開催されたあきた十文字映画祭にても上映される。同日2月17日(金)、14時30分~、18時30分より千葉市文化センターアートホールにて映画「母 小林多喜二の母の物語」(監督・制作総指揮、山田火砂子)が上映される。

 

2018(平成30)年:三浦綾子記念文学館開館20周年
2月17日(土)~3月2日(金)、にCINEX(岐阜市)、同日~2月23日(金)、フォーラム那須塩原にて映画「母 小林多喜二の母の物語」(監督・制作総指揮、山田火砂子)が上映される。※自主上映・普及委員会。