integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

1/1:綾子、朝日新聞に掲載された一千万懸賞小説募集の社告を見る(1963年)

 

1963(昭和38)年 41歳


1月1日、朝日新聞社が、大阪本社の創刊八十五年、東京本社の七十五年記念の一千万円懸賞小説を募集する。元旦、光世の腹の調子が悪く、綾子だけで元日礼拝に出席。午後来客。夜に光世と二人で九条12丁目の両親のもとに新年のあいさつに行く。両親は綾子の療養のために家も土地もみな売り払い、五軒長屋のような、小さなアパートに移り住み、階下ひと間、二階二間の小さな家で末弟夫婦と同居していた。

――新年の挨拶をし、僅かなお年玉を進呈した後だった。母が思いついたように、
「あ、そうそう、秀夫がね、綾ちゃんが来たら、ここを見せなさいと言っていたよ」
 と、折りたたんだ朝日新聞をわたしに示した。見ると、朝日新聞の社告だった。
 一千万円懸賞小説募集の記事がそこにはあった。
「へえー、一千万円とは凄いわね」
 秀夫は、わたしに見せよと言づてたのか。まさかわたしに応募せよということではあるまい。応募資格を見ると、既成の作家も応募できることになっている。わたしには無縁な話だと、思わず笑った。
(中略)いつも一時間や二時間、眠れぬままに一人想像をめぐらすわたしは、その夜もまたそうだった。わたしはふと、療養中に遠縁の者が殺された事件を思い出した。
「もし、自分の肉親が殺されたら?」そう思ったとたん、わたしはこれだと思った。ここから一つの物語が生まれそうだった。
(中略)わたしは社告のことも何も忘れて、その夜長編小説の粗筋を作った。(『この土の器をも』)

 

 


1988(昭和63)年 66歳

 

1月1日、随筆『私の赤い手帖から』(小学館)刊行*1
同日、小学館文庫『藍色の便箋』刊行。

 

私の赤い手帖から―忘れえぬ言葉

私の赤い手帖から―忘れえぬ言葉

 

  

藍色の便箋

藍色の便箋

 

 

 


1998(平成10)年 76歳


1月1日、小学館文庫『銃口』刊行。

 

銃口〈上〉 (小学館文庫)

銃口〈上〉 (小学館文庫)

 

  

銃口〈下〉 (小学館文庫)

銃口〈下〉 (小学館文庫)

 

 

 


2000(平成12)年 


1月1日、小学館文庫『忘れえぬ言葉――私の赤い手帖から』刊行。

 

忘れえぬ言葉―私の赤い手帖から (小学館文庫)

忘れえぬ言葉―私の赤い手帖から (小学館文庫)

 

 

2001(平成13)年 


1月1日、『三浦綾子小説選集2 続氷点』(主婦の友社)刊行。

 

続 氷点 (三浦綾子小説選集)

続 氷点 (三浦綾子小説選集)

 

 

 

*1:「マミイ」(小学館)に連載(1983年10月号~1987年11月号)の随筆『私の心をとらえた言葉』を改題。