integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

三浦綾子-文学アルバム

【写真集】
『三浦綾子-文学アルバム』1991(平成3)年4月26日、主婦の友社
主婦の友社編
A4判、厚紙装、カバー、オビ
111p ; 29cm
三浦綾子の肖像あり
付: 略年譜・主な著作目録
2500円 (税込)
表紙:シモーネ・マルティーニ 受胎告知(部分):天使/オリオンプレス提供 
装丁:司修
レイアウト:小池冨夫
撮影:近藤多美子、今井純一、主婦の友写真部、梅沢仁、早川利道、清水正美

以下を収録:
Ⅰ部
三浦文学 その風土/小説『氷点』に触れつつ――三浦綾子
Ⅱ部
写真でつづる半生/評伝 三浦綾子――高野斗志美
Ⅲ部
三浦綾子のある日ある時/略年譜/主な著作目録

(オビ表)
三浦綾子の文学を育んだものは何か?--その創造の秘密を、貴重な写真の数々によってときあかす待望の文学写真アルバム。
三浦綾子書き下ろしエッセイ“小説『氷点』に触れつつ”と評論家・高野斗志美が三浦文学誕生までを克明に迫った“評伝・三浦綾子”を同時収録

(オビ裏)
――私たちは何を見ても、心から驚かずにはいられない被造物の中に置かれているのだ。そして人間そのものもまた、何と驚嘆すべき存在であることか。神は自らの像に似せて人を造られたと聖書に書かれてあるが、人間の命、知恵、力、どれ一つ考えても、実にすばらしいものを与えられていると私は思う。毎日創造者を讃えて、感謝して、喜んで生きていく時、人間は必ず本来の人間に帰っていくといえるのではないだろうか。
(“小説『氷点』に触れつつ”より)

三浦綾子 文学アルバム

三浦綾子 文学アルバム

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 1991/04
  • メディア: 大型本