integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

三浦綾子全集 第十七巻

『三浦綾子全集 第十七巻』[第8回配本]
1992(平成4)年2月5日、主婦の友社
厚紙装、函入
331p ; 22cm
4369円(税別)
装丁:司修
口絵写真撮影:主婦の友社写真部
題字:三浦光世

収録:
愛に遠くあれど
共に歩めば
太陽はいつも雲の上に
天の梯子
孤独のとなり
初出・初版一覧

月報10p:
三浦光世:「妻を語る8」
八柳鐵郎:「初めてのサイン会で」
高野斗志美(文芸評論家):「登場人物を読む――三浦文学の個性たち(8)  順子――『死の彼方までも』」

(オビ)
夫君光世氏との対談集「愛に遠くあれど」、人生と信仰、そして愛を歌った歌集「共に歩めば」他、「天の梯子」など感動エッセイ集三作を収録。

(オビ背)
愛に遠くあれど/共に歩めば/天の梯子/他

三浦綾子全集〈第17巻〉

三浦綾子全集〈第17巻〉

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 1992/01
  • メディア: 単行本