integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

三浦綾子全集 第九巻

『三浦綾子全集 第九巻』[第13回配本]
1992(平成4)年7月8日、主婦の友社
厚紙装、函入
611p ; 22cm
4500円(税別)
装丁:司修
口絵写真撮影:主婦の友社写真部
題字:三浦光世

収録:
千利休とその妻たち
続泥流地帯
岩に立つ
解説(小田切秀雄)

月報10p:
三浦光世:「妻を語る13」
村田さち子:「変わらぬ人」
高野斗志美(文芸評論家):「登場人物を読む――三浦文学の個性たち(13)  ふじ乃――『嵐吹く時も』」

(オビ)
茶聖千利休の生涯を独自の観点から描いた力作「千利休とその妻たち」、正編に続き、圧倒的な感動を呼ぶ「続泥流地帯」、初の書き下ろし小説「岩に立つ」。三長編を一挙収録!

(オビ背)
続泥流地帯/千利休とその妻たち/他

三浦綾子全集〈第9巻〉

三浦綾子全集〈第9巻〉

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 1992/06
  • メディア: 単行本