integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

三浦綾子作品集 第十巻

『三浦綾子作品集 第十巻』[第14回配本]
1984(昭和59)年6月25日、朝日新聞社
布装、函入り、オビ
撮影:渡部雄吉
装釘:三村淳
月報8頁

566p ; 18cm
1900円
挿画:聖マタイをかつぐイザヤ(シャルトル大聖堂)

収録:
天北原野

月報:
永井萠二:「完治を殺せ」
後藤憲太郎:「虚実を超えるもの」
菅野叡子:「周辺の一人として」
三浦綾子:「利尻富士随想」

(オビ)
それは甘美な幻想だった。しかし、許されない幻想だった。
貴乃と孝介の歩む茨の道。北の果ての原野でじっと耐え忍ぶ二人の、この世で結ばれることのない愛を謳い上げた大河小説。

(オビ背)
愛は誇らず、驕らず… 長久までも絶ゆることなし


三浦綾子作品集〈10〉天北原野 (1984年)

三浦綾子作品集〈10〉天北原野 (1984年)

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 1984/06
    メディア: -