integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

2014年4月19日(土)~7月6日(日):「氷点」50年 三浦綾子フォトメモリアル 後山一朗が撮り続けた約束の刻(とき)

北海道立文学館」ホームページによると、上記の件名の期間、特別展が開催される模様。

特別展:「氷点」50年 三浦綾子フォトメモリアル 後山一朗が撮り続けた約束の刻(とき)
会期:2014年4月19日(土)~7月6日(日)
開館時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)
休日: 5月5日を除く月曜、5月7日
会場:北海道立文学館特別展示室
住所: 札幌市中央区中島公園1北海道立文学館
観覧料:一般500(400)円、高大生250(200)円 ※( )内は10名以上の団体料金
     65歳以上、小中学生無料、毎週土曜日、こどもの日(5月5日)は高校生無料
主催:北海道立文学館、公益財団法人北海道文学館(北海道立文学館指定管理者)、北海道新聞社
後援:札幌市・札幌市教育委員会、朝日新聞北海道支社
協力:三浦綾子記念文学館、北海道〈写真の町〉東川町、テレビ北海道
主催者:北海道立文学館、北海道文学館、北海道新聞社

写真展は三部構成の模様。
Ⅰ「 氷点」のまなざし―〈 原罪 〉の自覚
Ⅱ「 泥流地帯」の人々―なぜ正しい者にも苦痛があるのか
Ⅲ「 銃口」と向き合う―戦争と人間

また、特別展にあわせて以下の催しも行われる。

●「氷点」上映会
4月26日(土)14:00~ 当館講堂 
映画「氷点」
(大映、山本薩夫監督、若尾文子・大楠道代・船越英二出演、1966年、107分、DVD上映) 
*要申込「往復はがき」にイベント名・住所・氏名・電話番号を記入し北海道立文学館まで 
1枚で2名まで応募可(その場合2名の氏名を記入)
締め切りは、4月12日(土・当日消印有効) 定員80名 観覧無料
※受け付けは終了しています

●文芸対談「三浦綾子さんの思い出」
5月11日(日)14:00~ 当館講堂 講師=後山一朗(写真家)、合田一道(作家)
*要申込「往復はがき」にイベント名・住所・氏名・電話番号を記入し北海道立文学館まで 
1枚で2名まで応募可(その場合2名の氏名を記入)
締め切りは、4月27日(日・当日消印有効) 定員80名 聴講無料

●朗読会「三浦綾子作品を読む」
構成=松井信子(俳優) 
①5月31日(土) ②6月15日(日) 14:00~ 当館講堂
出演者=NHK文化センタ-松井信子朗読教室
①長谷川玲子・大内明美・喜多いく代 ②高橋明子・庄司幸子・上田なおみ
*申込不要 先着順 定員60名

●文芸講演会「三浦綾子の文学」
6月8日(日)14:00~ 当館講堂  講師=神谷忠孝(北海道大学名誉教授)  
*要申込 電話(011-511-7655) 
定員80名 聴講無料

北海道立文学館
〒064-0931 札幌市中央区中島公園1-4 
地下鉄南北線中島公園駅(出口③) または幌平橋駅(出口①)下車徒歩6分
市電「中島公園通」停留所下車徒歩10分
JRバス・中央バス「中島公園入口」より徒歩4分

【お問い合わせ】公益財団法人北海道文学館 
TEL:011-511-7655 FAX:011-511-3266
http://www.h-bungaku.or.jp/

施設設置者:北海道教育委員会 
指定管理者:公益財団法人北海道文学館

情報元:
http://www.h-bungaku.or.jp/exhibition/special.html
last circled 2014/4/16

※上記URLから、PDFファイルにてこの写真展の概要がダウンロード可能