integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

三浦綾子作品集 第五巻

『三浦綾子作品集 第五巻』[第8回配本]
1983(昭和58)年12月25日、朝日新聞社
布装、函入り、オビ
撮影:渡部雄吉
装釘:三村淳
月報8頁

400p ; 18cm
1500円
挿画:聖母マリアの物語(シャロン・シュル・マルヌ聖堂)

収録:
裁きの家
死の彼方までも
赤い帽子
足跡の消えた女
逃亡
片隅のいのち

月報:
市川元夫:「峡谷の朝の三浦さん」
橘佐代子:「札幌随想」
永井智雄:「めぐりあい」

(オビ)
人はみな、逆に写った鏡の顔を真実の顔だと信じて生きている。偽りと虚栄にみちた家。その中を吹き荒れる風は人の心を枯らしていく。するどくエゴイズムを追求した衝撃の作品『裁きの家』と『死の彼方までも』を収録

(オビ背)
なんじら人を審くな、審かれざらん為なり。

三浦綾子作品集〈5〉裁きの家.死の彼方までも (1983年)

三浦綾子作品集〈5〉裁きの家.死の彼方までも (1983年)

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 1983/12
  • メディア: -