integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

三浦綾子作品集 第二巻

『三浦綾子作品集 第二巻』[第4回配本]
1983(昭和58)年8月25日、朝日新聞社
布装、函入り、オビ
撮影:渡部雄吉
装釘:三村淳
月報各巻8頁

462p ; 18cm
著者の肖像あり:「美瑛川畔の見本林にて」(昭和43年7月)
1700円
1600円
挿画:モーゼ(アウグスブルク大聖堂)

収録:
続氷点

月報:
草野真男:「出会い」
高坂百合子:「妹のこと」
三浦光世:「一千万懸賞小説に入選した妻(二)」

(オビ)
流氷が燃える! 人間の意表をつく自然の姿に、陽子は目をみはった 死の淵から蘇った陽子を待ちうけていたものは? 人はついに原罪から逃れることができないのか…… 北国の街で、愛と憎しみのドラマは果てしなく続く。

(オビ背)
なんじらの中、罪なき者まず石を擲て

三浦綾子作品集〈2〉氷点 (1983年)

三浦綾子作品集〈2〉氷点 (1983年)

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 1983/08
  • メディア: -