integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

私にとって書くということ

【単行本】
『私にとって書くということ』2002(平成14)年9月25日、日本キリスト教団出版局
B6判、厚紙装、カバー、オビ
143頁
1600円
カバー写真:児島昭雄
本文写真:相沢明
装丁:熊谷博人

以下を収録:
第一章 作品と私<『羽音』――愛は忍ぶ/『母』――自著を語る/『積木の箱』――くずれやすい人間の世界/『塩狩峠』――『塩狩峠』の完結を直近に控えて/『氷点』――『氷点』あれこれ/『続 氷点』――氷点あれこれ/『細川ガラシャ夫人』――『細川ガラシャ夫人』を書き終えて/『泥流地帯』ーー小説『泥流地帯』を回顧して/『続 泥流地帯』――『続 泥流地帯』を終えて/『千利休とその妻たち』――千利休を書きながら>
第二章 私にとって書くということ<あかしの文章入門/史料調べで気付いたこと/小説のタネ/小説の人物の名前/本のタイトル/素人らしく自分のペースで/創作活動の苦労/書く才能を大事にして>
第三章 <芥川文学と私/小林秀雄/太宰治/樋口一葉『たけくらべ』>
第四章 補遺<高山右近と現代/日記のない青春への疑問>
初出一覧
あとがき(三浦光世)

(オビ)
三浦綾子書籍未収録エッセイ第2弾!
作家・三浦綾子にとって「書くということ」はどんなことだったのか。雑誌・新聞などに発表したさまざまなエッセイの中から、「書く」というテーマに関するもの24編を選んで収録。また巻末の「日記のない青春への疑問」は中学生のために書かれた異色の作品。

(オビ背)
三浦綾子エッセイ第2弾

(オビ裏)
『羽音』
『母』
『積木の箱』
『塩狩峠』
『氷点』
『続 氷点』
『細川ガラシャ夫人』
『泥流地帯』
『続泥流地帯』
『千利休とその妻たち』
あかしの文章入門
史料調べで気付いたこと
小説のタネ
小説の人物の名前
本のタイトル
素人らしく自分のペースで
創作活動の苦労
書く才能を大事にして
芥川文学と私
小林秀雄
太宰治
樋口一葉『たけくらべ』
高山右近と現代
日記のない青春への疑問

私にとって書くということ

私にとって書くということ

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 日本キリスト教団出版局
  • 発売日: 2002/10
  • メディア: 単行本



 

【電子全集】
『三浦綾子 電子全集 私にとって書くということ』2013年6月28日、小学館ebooks

三浦綾子 電子全集 私にとって書くということ

三浦綾子 電子全集 私にとって書くということ

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2002/09/25
  • メディア: Kindle版