integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

あのポプラの上が空

 初出

「イン・ポケット」(1988年1月~1989年8月、講談社)に連載。

 

単行本

 

書誌


『あのポプラの上が空』1989(平成元)年9月22日、講談社
B6判、厚紙装、カバー、オビ
309頁
1165円
挿画:楓久雄
装幀:大泉拓
収録:あのポプラの上が空/あとがき(一九八九年夏 三浦綾子)/三浦綾子略歴/初出

 

オビ

(オビ)
愛の絆を失った現代人の孤独と真実
北の都札幌の病院長一家をひそかにむしばんでいたものは何か?
家族の葛藤と愛。
浅春の反抗と夢。
切実なテーマに生きることの意味をさぐる待望の力作長篇。

(オビ背)
人間の絆を問う問題作

(オビ裏)
何が自分の問題か
どの家にも、人に知られては困る恥部がある。暗部がある。が、一見さりげなく無事をよそおって人々は生きる。「うちには宗教がない」などと、突きつめては生きていかない。たまたまこの谷野井家の恥部は麻薬であった。覚醒剤であった。だが本当の恥部は法に関わるクスリの問題であったかどうか。小説の中に明確な答は出していない。なぜなら、読者が作中人物と共に、何が自分の問題かを探し当てて欲しいからである。――著者あとがきより

画像 

 

あのポプラの上が空

あのポプラの上が空

 

 

文庫

『あのポプラの上が空』1992年10月15日、講談社文庫

 

あのポプラの上が空 (講談社文庫)

あのポプラの上が空 (講談社文庫)

 

 

全集

『三浦綾子全集 第十四巻』1993年4月12日、主婦の友社

 

三浦綾子全集〈第14巻〉

三浦綾子全集〈第14巻〉

 

 

電子全集

『三浦綾子 電子全集 あのポプラの上が空』2013年4月26日、小学館ebooks

 

三浦綾子 電子全集 あのポプラの上が空

三浦綾子 電子全集 あのポプラの上が空