integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

私の赤い手帖から 忘れえぬ言葉

【初出】
「マミイ」(1983年10月~1987年11月、小学館)に連載
当初は「私の心をとらえた言葉」というタイトルだったが、単行本化の時に改題 

【単行本】
1988(昭和63)年1月1日、小学館
B6判、紙装、カバー、オビ
220p ; 20cm
980円 (税込)
装画:黑井健
デザイン:田村一郎

以下を収録:
春の章<必ず治ります。今しばらくの試練ですからね。/堀田は失敗も多いが、成功も多いだろう。/節を曲げたら直ちに挿絵をやめますよ。/長い雨で感謝だと思っています。/心に太陽を持て。/おまえと結婚する者はよほどの馬鹿か、よほどの利口者だ。/三つ指ついて迎えたいような男でした。/星のように輝いてください。/何も言わないことも、言葉の一つなのね。/間が抜けているのは、気が利き過ぎるよりもいい。/二、三分がほどはね。/持ち出したのは、二百余通の手紙です。/弟夫婦は私の宝です。>
夏の章<すまないねえ。/泥棒さんですか。/弱い人が大事にされるのは当然ですよ。/あの人どうしている。/言葉はわからなくてもわかるものだ。/大きいミスを許し、小さなミスにはきびしく。/行けばしゃんとなる。/イット・イズ・マイ・プレジャー/人間誰しも一度はあることだ。/おそれおののいて準備をしています。/おいしかったから半分持ってきたわ。/わたし、癌ではしねないの。>
秋の章<人を責めるときはね、相手が言い逃れが出来るように、逃れ道を与えて責めなければいけないよ。/淋しい病気にかかってね。/あなたは大きなことをする人です。/目あきとは不自由なもの。/八十九歳には八十九歳の誘惑がある。/かまへん、相手のひとが喜んでくれてる。/これ以上日は暮れません。/よもや、来まいと思ったが来たね。/人間には、決して他の人に代わってもらえないことがある。/そこまでは覚えています。/もし責任ある立場に立つ日がきたら。/まずお祈りしてからお話を聞こうね。>
冬の章<貧乏人は金持ほど人に迷惑をかけてはいない。/おんぶしないで! くせになるから。/どうか一生幸せであるように。/俺も人間だぞーっ!/人間、間のぬけたところがあっていい。/そんな自分を絶対忘れない。/三日といてもらえないよ。/世界一のお姑さん。/塩はあとから入れただろう。/本気を出せば三倍の仕事ができる。/おいしいからもう一つと言って食べることはしない。/愛がこわれるから。/弱く生んですまなかった。>
あとがき

(オビ)
心にのこる感動の言葉があなたのハートを熱くする-。
三浦綾子の最新エッセイ集!

(オビ裏)
私がこの本に集めた言葉のほとんどは、私を傷つけた言葉ではなく、私を励まし、力づけ、考えさせてくれた言葉である。何と多くの人に私は支えられ教えられてきたことかと、改めて思う。私は既に幾冊かの随筆や、日記や、自伝を書いている。で、私に与えられた言葉の数々は、かなり書き尽くしたように思っていた。だがこうして集めてみると、まだまだ多くの言葉があることに気づいた。(あとがきより)

私の赤い手帖から―忘れえぬ言葉

私の赤い手帖から―忘れえぬ言葉

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1987/12
  • メディア: 単行本



 

【全集】
『三浦綾子全集 第十九巻』1992年10月7日、主婦の友社

三浦綾子全集〈第19巻〉

三浦綾子全集〈第19巻〉

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 1992/09
  • メディア: 単行本

【ライブラリー版】
『私の赤い手帖から-忘れえぬ言葉』1993(平成5)年2月20日、小学館
ライブラリー判(160×110)、紙装、カバー
234p ; 16cm
760円 (税込)
カバー/デザイン:中山銀士/山田英春
カバー写真:松浦忠孝/オリオンプレス
版下:タナカデザイン

※「あとがき」の後に「『小学館ライブラリー版』出版にあたって(一九九二年十二月 三浦綾子)」が追加された。

(カバー裏)
愛の作家・三浦綾子があるときは感動し、ある時は自らを戒めるものとして受け入れた言葉の数々。心に残る言葉はそれを語った人やそのときの様子が瞬時に甦る。著者の信仰の強さと人間関係の豊かさが伝わる好エッセイ。

私の赤い手帖から―忘れえぬ言葉 (小学館ライブラリー)

私の赤い手帖から―忘れえぬ言葉 (小学館ライブラリー)

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1993/01
  • メディア: 新書


【文庫】
『忘れえぬ言葉 私の赤い手帖から』2000年1月1日、小学館文庫

忘れえぬ言葉―私の赤い手帖から (小学館文庫)

忘れえぬ言葉―私の赤い手帖から (小学館文庫)

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1999/12
  • メディア: 文庫


【電子全集】
『三浦綾子 電子全集 忘れえぬ言葉 私の赤い手帖から』2013年4月12日、小学館ebooks

三浦綾子 電子全集 忘れえぬ言葉―私の赤い手帖から

三浦綾子 電子全集 忘れえぬ言葉―私の赤い手帖から

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2000/01/01
  • メディア: Kindle版