integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

綾子・光世 響き合う言葉


綾子・光世 響き合う言葉

綾子・光世 響き合う言葉

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 北海道新聞社
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 単行本
【言葉集】
2009年4月9日、北海道新聞社刊

三浦綾子の著作の中から引用された言葉に、夫の光世が言葉を添えたもの。
出版企画:北海道新聞と三浦綾子記念文学館
編集:安川誠二、井野博雄(北海道新聞社)、梶浦浩子(三浦綾子記念文学館)
監修:三浦綾子記念文学館
写真:相沢明撮影
装丁:江畑菜恵
挿絵:中西清治

以下目次より

命――生かされている存在
愛――ゆるしつづける意志
人生――傷は一生懸命に生きたしるし
自己・他者――罪を意識しないことが最大の罪
言葉――運命をも変えるもの
戦争・平和――人間性を失う恐ろしさ

あとがき
収録作品一覧
三浦綾子年譜
三浦光世略年譜

 以下の作品より、綾子の言葉および小説からの引用がされている。(収録作品一覧より転記)
 

ひつじが丘(主婦の友社、のち講談社文庫)
愛すること信ずること(講談社、のち講談社文庫)
積木の箱(朝日新聞社、のち新潮文庫)
病めるときも(朝日新聞社、のち角川文庫)
道ありき(主婦の友社、のち新潮文庫)
この土の器をも(主婦の友社、のち新潮文庫)
裁きの家(集英社、のち集英社文庫)
続・氷点(朝日新聞社、のち角川文庫)
光あるうちに(主婦の友社、のち新潮文庫)
あさっての風(角川書店、のち角川文庫)
帰りこぬ風(主婦の友社、のち新潮文庫)
生きること思うこと(主婦の友社、のち新潮文庫)
死の彼方までも(光文社、のち講談社文庫)
石ころのうた(角川書店、のち角川文庫)
太陽はいつも雲の上に(主婦の友社、のち講談社文庫)
旧約聖書入門(光文社、のち光文社文庫)
石の森(集英社、のち集英社文庫)
泥流地帯(新潮社、のち新潮文庫)
新約聖書入門(光文社、のち光文社文庫)
毒麦の季(光文社、のち講談社文庫)
天の梯子(主婦の友社、のち集英社文庫)
孤独のとなり(角川書店、のち角川文庫)
イエス・キリストの生涯(講談社、のち講談社文庫)
わが青春に出会った本(主婦の友社、のち新潮文庫)
泉への招待(日本基督教団出版局、のち光文社文庫)
藍色の便箋(小学館、のち小学館文庫)
愛の鬼才(新潮社、のち新潮文庫)
北国日記(主婦の友社、のち集英社文庫)
白き冬日(学習研究社、のち講談社文庫)
ナナカマドの街から(北海道新聞社、のち角川文庫)
聖書に見る人間の罪(光文社、のち光文社文庫)
夕あり朝あり(新潮社、のち新潮文庫)
小さな郵便車(角川書店、のち角川文庫)
銀色のあしあと(いのちのことば社、のち講談社文庫)
生かされてある日々(日本基督教団出版局、のち新潮社文庫)
三浦綾子―文学アルバム(主婦の友社)
風はいずこより(いのちのことば社、のち集英社文庫)
心のある家(講談社、のち講談社文庫)
明日のあなたへ(主婦と生活社、のち集英社文庫)
夢幾夜(角川文庫)
キリスト教・祈りのかたち(主婦の友社)
銃口(小学館、のち小学館文庫)
小さな一歩から(講談社、のち講談社文庫)
新しき鍵(光文社、のち光文社文庫)
希望、明日へ(北海道新聞社)
愛すること生きること(光文社、のち光文社文庫)
雨はあした晴れるだろう(北海道新聞社、のち角川文庫)
明日をうたう(角川書店、のち角川文庫)
三浦綾子対話集(旬報社)
遺された言葉(講談社、のち講談社文庫)