integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

三浦綾子論―「愛」と「生きること」の意味


三浦綾子論―「愛」と「生きること」の意味

三浦綾子論―「愛」と「生きること」の意味

  • 作者: 黒古 一夫
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1994/05
  • メディア: 単行本



黒古一夫による三浦綾子論。
主要作品に関する論がなされている。

以下、目次より引用。

第一部 「作家」の誕生
第一章 「罪」と「赦し」の物語――『氷点』『続氷点』
第二章 「エゴイズム」の争闘――『積木の箱』『自我の構図』

第二部 「生きること」と「愛」と
第一章 いきることの意味に向かって――『天北原野』『泥流地帯』『海嶺』
第二章 「聖家族」を求めて――『残像』『石の森』『嵐吹く時も』
第三章 「裁き」と「自己犠牲」そして「愛」――『裁きの家』『塩狩峠』『ひつじが丘』

第三部 「戦争」と「歴史」
第一章 「戦争」を最大の悪として――『青い棘』『銃口』
第二章 「歴史」の中の女たち――『細川ガラシャ夫人』『千利休とその妻たち』

第四部 作家の原風景
第一章 「もう一人の私」に向って――自伝・評伝作家
第二章 キリスト教・短歌・北海道

三浦綾子略年譜