integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

積木の箱:健一の母/山田の母

山田健一の母。下の名前および年齢容姿描写なし。
悠二が家庭訪問に訪れたが、早々に家を出たので後を追って「小さな包みをす早く悠二のオーバーのポケットに入れた」。バス通りまで悠二を送る道中で、左官屋には冬に仕事がなく、夫がどのような生活をしているかを説明する。

きれい好きであることは「夏に来た時、健一の母が通してくれた茶の間にはちりひとつなかった。玄関わきの一坪ほどの花壇も、手入れが行き届き、上がりまちにはよく現れた足ふきのぞうきんがキチッと置いてあった」という描写からうかがえる。