integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

積木の箱:尾坂の母

二学期の終業式の日、悠二は、母からの贈り物に文句をつけた玉脇をけるという事件を起した尾坂を家まで送る。
「すし屋に勤めながら、女手一つ」で尾坂とその姉を育てる。
下の名前および姉の名前は記述なし。(姉は地の文に一度きり出ただけで、作中には登場しない)

「軒の傾いたアパートの、たったひと間の暮し」

(1)「四十近い」

(2)「しっかりした母親」

(3)「そりゃあ、あの先生もたしかにいいとは言えません。でも悪いからと言って、すぐカッとなって蹴ったり叩いたり、殺したりしていいというもんじゃありませんからね」