integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

十勝連峰

『氷点』:
・「旭川の町が一望の下に見える。遠くに夕日を受けた大雪山の連峰が紫がかった美しい色をしていた。その右手に十勝連峰がびょうぶを立てたようにつらなっている」。(千島から松)

『積木の箱』:
「登りつめた二人は同時に叫んだ。目の下からつづく上川盆地の向うに、大雪山はくっきりと、堂々と、新雪の姿を青い秋空の下に浮び上がらせていた。その右手につづく十勝連峰も、おとらず美しい峰々を連ねていた」。(小路)