integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

積木の箱:背の低いホステス

悠二がキリ子のバーを出た時、「細い小路の中を、背の低いホステスが一人小走りに走ってきた」とある。悠二は彼女を受持った教師のことを思い、さらには、「この界わいにはびっしりと飲み屋やキャバレーが並んでいる。そこに働くホステスたちを教えた数多くの教師のことを悠二は考えた」とある。氏名年齢容姿描写なし。