integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

『坊っちゃん』

夏目漱石作。明治39年4月、『吾輩は猫である』の第十章と同時に、雑誌「ホトトギス」に一括して発表。明治40年1月、春陽堂から刊行された小説集『鶉籠』に所収。

『大辞泉』(増補・新装版)によると

ぼっちゃん【坊っちゃん】夏目漱石の小説。明治三九年(一九〇六)発表。東京から四国の松山に赴任した中学教師「坊っちゃん」の、痛快な正義感あふれる行動を軽妙に描く。

---------------------------------------------------

『積木の箱』:
・「夏目漱石の書いた『坊っちゃん』も、ふとんの中に、イナゴかバッタを入れられた話があったな」(ロッカー)