integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

川湯(かわゆ)温泉

『大辞泉』(増補・新装版)によると

かわゆおんせん【川湯温泉】一北海道川上郡弟子屈町の温泉。屈斜路湖と摩周湖との中間にある。泉質は硫化水素・硫黄泉。二和歌山県東牟婁郡本宮町にある温泉。泉質は重曹泉。

砂湯との位置関係は下記参照。

弟子屈なび 屈斜路湖
http://www.masyuko.or.jp/pc/kussharo.html

弟子屈なび 川湯温泉エリア
http://www.masyuko.or.jp/pc/kawayu.html

---------------------------------------------------

『積木の箱』:
・「朝食が終ると、一同は硫黄山に向けて出発した。硫黄山までは砂湯から九キロ程あった。川湯温泉までの六キロ余りの道の両側は、エゾマツ、カエデ、楢などの原生林がつづいていた。しだ(原文傍点)や笹が林の中に青々と群生していた」。(砂湯)
・サマーキャンプに出かけた悠二たちは、二日目、川湯に泊まる。(砂湯)