integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

批評の極意は、相手の立場に立ってみることだ

出典不明。

『積木の箱』:
悠二は、自身がどれだけ生徒のことを知っているか疑問に思い、「ある高名な評論家」の「批評の極意は、相手の立場に立ってみることだ」という言葉を思い出し、「あの評論家のいうように、ほんとうに相手の立場に立って生徒を評しているだろうか」と考える。(羽虫)