integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

積木の箱:堀井

私立北栄中学の用務員。
悠二が当直の時は堀井の時に当たる。
用務員は二人いるが、もう一人の村本がよく神経痛を起すので、当直の三分の二は堀井が引き受けているようなものだった。
妻と子供が二人いる。うち一人は赤ん坊。

「炎」の章で、妻が流感にかかり、一時帰宅する。

(1)「いかにも人のよさそうな笑顔」

(2)「まだ三十代の気のいい男」「実直な堀井は、悠二とどこか気が合った」

(3)記述なし