integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

積木の箱:眉の濃い少年

護国神社祭の華である慰霊音楽行進を見に、緑橋通りに来た悠二は、「眉の濃い少年が、シンバルを音高く叩きながら」、目の前を過ぎた時、一郎のことを思い出し、「この、ひとつことに打ちこんでいる姿を、一郎にもみせてやりたい」と思う。(綿アメ)