integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

三光鳥

『大辞泉』(増補・新装版)によると

さんこうちょう【三光鳥】 1ヒタキ科の鳥。全長四二センチほどで、尾が長く、雄は二八センチ、メスは一七センチくらいある。頭は濃紫、背は茶、腹は白、目のまわりとくちばしはコバルト色。日本では夏鳥として低山地の薄暗い林にみられる。さえずりを「つきひほし」と聞きなす。 2イカルの別名。

----------------------------------------------------

『積木の箱』:
・「どこかで三光鳥がツキ、ヒ、ホシ」と啼いている。(坂道)
・悠二は和夫に三光鳥が「月、日、星って啼いているんだよ」と教える。(坂道)