integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

ショパン

『大辞泉』(増補・新装版)によると

ショパン[Fryderyk Franciszek Chopin][一八一〇 一八四九]ポーランドの作曲家・ピアニスト。独特なピアノ書法による華麗で優雅な旋律で、独創的境地を開き、ピアノの詩人とよばれる。作品にポーランド民族音楽の特質を生かしたポロネーズやマズルカのほか、ピアノソナタ・前奏曲・練習曲・夜想曲など。

----------------------------------------------------

『氷点』:
夏枝は、村井との密会の後、ピアノの前に座り、「幻想交響曲」をピアノ線が切れるほどに夢中になって弾く。同じ頃、ルリ子は佐石に殺されていた。

『続氷点』:
北原は陽子に対する思いを次のように説明する。「陽子さん、ぼくは多分、もうあなたに対するような思いは、一生誰にも抱けないかも知れない。ショパンは音楽史上に残るような恋を、三度もしましたよね。しかもその三度目は、あのジョルジュ・サンドとの、苦しい大恋愛だった。ショパンというのは、やはり凄くパッショネートな人間だったんだなあ。しかしぼくは平凡な男だ。一度っきりだと思うな。こんなことは」(追跡)