integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

五葉松

『大辞泉』(増補・新装版)によると

ごようまつ【五葉松】 マツ科の常緑高木。山地に自生。樹皮は黒味を帯び、枝は水平に出て、針状の葉が五枚ずつ束になってつく。五月ごろ、新しい枝の下部に雄花を、先に雌花をつける。盆栽にもする。東日本では姫小松ともよぶ。

---------------------------------------------------

『続氷点』:
・陽子と北原はクラーク会館のロビーで話をする。「窓外の芝生はすっかり雪に覆われ、五葉松やアララギのみどりが、くすんだ色を見せている。冬日がロビーの中に暖かくさし込み、空が淋しいほどにうす青かった」。(追跡)