integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

明智光秀

『大辞泉』(増補・新装版)によると

あけちみつひで【明智光秀】[一五二八ころ 一五八二]安土桃山時代の武将。織田信長に仕え、近江坂本城主。天正一〇年(一五八二)京都の本能寺に主君信長を襲って自害させたが、まもなk山崎で羽柴秀吉に敗れ、配送の途中で農民に殺された。→本能寺の変

-----------------------------------------------------

『続氷点』:
「意のままにならぬという言葉で、啓造はふっと、高桐院で見た細川ガラシヤの墓を思い浮かべた。謀反人明智光秀の娘に生れ、高山右近の導きでキリシタンとなり、遂に石田三成によって死に追いやられた。が、最後まで、その教えを忠実に守り、罪とされている自刃をえらばず、老臣に介錯させたという。何百年か前の女の胸に、誰も侵すことのできない魂の生活が既にあったことに、啓造は改めて深い感動を覚えた」。(京の水)