integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

狩野探幽

『大辞泉』(増補・新装版)によると

かのうたんゆう【狩野探幽】[一五五九 一六三五]安土桃山時代から江戸初期にかけての画家。近江の人。名は光頼。豊臣秀吉に画才を認められ、永徳に学んで、豊臣・徳川家関係の障壁画を数多く描いた。画風は桃山障壁画様式の豪壮さに装飾性を加えたもの。京にとどまり、京狩野派の祖となった。

---------------------------------------------------

『続氷点』:
・啓造と高木は、大阪で行われた内科の学会に出席するついでに、京都観光をする。南禅寺を訪れ、「狩野探幽の虎の絵をふすまに見た時も、啓造はその絵を描いた探幽の画魂を見、気魄を感じて来た。」(京の水)