integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

タンポポ

『大辞泉』(増補・新装版)によると

たんぽぽ【蒲公英】キク科タンポポ属の多年草の総称。野原や道端に生え、根際から羽状に深く裂けた葉を放射状に出す。三、四月ごろ、花茎を伸ばし、頂に黄色または白色の舌状花のみからなる頭状花を開く。種子は上部に白い毛をつけて風に飛ぶ。葉を食用とし、根などを漢方で催乳に用いる。日本ではカントウタンポポ・カンサイタンポポ・エゾタンポポ・シロバナタンポポなどが自生し、セイヨウタンポポが帰化している。蒲公英。[季 春]

---------------------------------------------------

『続氷点』:
村井は陽子に先日恵子が訪問していたことや、恵子のことをどう思うか、徹が苦手など陽子が答えづらい話ばかりをする。陽子がうつむいたその時「足元に小さなタンポポが一つ花をひらいている」。(つゆ草)

『積木の箱』:
・悠二と敬子は常盤公園で、一郎のことを語り合う。「タンポポの穂わたが陽に光りながら、いくつも二人の前を風にのって流れていく」。(綿アメ)