integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

続氷点:共二/高木共二

高木に話が来た見合い相手の長男。十三の男の子。

郁子に決めた理由について、高木は、現役で働けるのが十五年と想定したうえで次のように語っている。
「三十七の人をもらうと、つれて来た子供は、三十と二十八になっている。俺の子が生れても、その兄貴たちが、少しは面倒も見るだろうよ。まず安心して死ねるというわけだ」「いま十五と十三の子供をかかえてでは、もらい手もない」「俺もしょうばいがら、殺生してきているからな。この辺で、せめて罪ほろぼしに人の子でも育てるさ」といい、冬休みのうちに結婚相手の子供を新婚旅行に連れて行きたいと、1月11日に式を挙げる。新婚旅行先から啓造に送った葉書には「おい辻口、おれはもうけたぜ。フラウのほかに、産みも育てもしないで、こんなかわいい男の子を、一ぺんに二人ももらったんだからな。子供二人をつれた、にぎやかな新婚旅行も乙なもんだ」と語る。

啓造が高木の家を訪れた際に、「中学二、三年の丸顔の少年が、部屋に入るなりハキハキといって頭を下げた」とある。本人いわく「水泳の選手」