integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

続氷点:若い女たち

啓造の病院の六人部屋に入院。糖尿病で入院していた老婆が、「同室の若い女たちが、自分に言葉をかけてくれない」という理由で医師の許しを得ずに退院したが、彼女たちの言い分では、「全く言葉をかけなかったわけではない。が、つい若いものだけで話合い、老婆は話の圏外」つまり、「無関心」であった。啓造は、この無関心に老婆は「いたたまれぬほどの疎外感」を感じ、「鞭打たれるよりもつらかったに違いない」と思う。