integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

続氷点:四歳ぐらいの男の子/ター坊/男の子

陽子とレストラン亀屋で相席になる。お子様ランチを注文。「黒い生き生きとした目を絶えず周囲に向けていた」。陽子は「お子さまランチを食べることもない」育児院の子どもを思い出しながら、男の子に目をやると、男の子は父親のおすしをほしがり、「食べちらしたお子さまランチを父親の前に押しやった」。