integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

樺太

サハリンの和名。

『氷点』:松崎由香子は、樺太からの引揚者。

『続氷点』:稚内を訪れた啓造と高木は、「年に幾度も見えない」と聞いていた樺太を見る。「遠い空の下に平たい島影がほのかに見え、右手の山に白い雪だけがくっきりと見える」。啓造は、自分の目で樺太を見ることのできない松崎由香子のことを思う。(サロベツ原野)