integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

水仙

『大辞泉』(増補・新装版)によると

すいせん【水仙】 ヒガンバナ科の多年草。早春に、鱗茎から、一本の花茎を出し、白や黄色で中央に副花冠をもつ花を横向きにつける。葉は根生し、平たい線形。耐寒性で栽培に適し、観賞用とする。らっぱ・口紅・房咲き・八重咲きスイセンなどの品種がある。おもに地中海沿岸地方の原産。本州以西の海岸に自生するものは、野生化したものといわれる。[季 冬]

--------------------------------------------------- 

『ひつじが丘』:
・奈緒実は竹山に、良一と輝子のことを知らせてくれなかったことを非難する。そのとき、水仙に触れる。
・竹山は、奈緒実が立ち去った後、奈緒実が触れていた水仙の花を一輪手折る。

『続氷点』:
・「芽吹きはじめた庭木のかげに、黄色い水仙のひと群れが見える」(新芽)