integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

空洞(くうどう)

『大辞泉』(増補・新装版)によると

くうどう【空洞】(※1,2省略)3 肺・腎臓などの内部に壊死が起こり、それが排出または吸収されたあとにできる空間。肺結核の時にできるものなど。

-----------------------------------------------------

『氷点』:村井は、空洞のある結核にかかり、洞爺へ行く。(西日)