integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

意志

(1)大いなるものの意志
・北原が斜里から陽子に宛てた手紙に出てくることば。死のうとして海に入ったが、斜里の浜辺で気絶していたところを発見され女性は助かった。北原はその女性が「死のうとしても死ねない時がある」ということに、「厳粛なもの」や「単に偶然といい切れない大いなるものの意志」を感じる。陽子はこの手紙を読み、「神」を連想するが、「神」について考えたことがないことや、「神を信じなければならないほど弱くはない」と思う。次に「運命」を思うが、「大いなるものの意志」とはちょっと違うと思うが、どこが違うのかわからない。(『氷点』千島から松)
・北原は、斜里から陽子に宛てた手紙の中で「紙が破れるほど消してあった」部分には陽子との出会いについて「陽子さんと会ったことに、大いなる者の意志を感じてもいいでしょうか」と書いたと告げる。(雪の香り)

(2)感情に対抗するもの/意志

『積木の箱』:
「たとえ自分自身が悠二に心ひかれているとしても、この敬子のために楢、あきらめることはできるような気がした。敬子には、ほんとうにしあわせになってほしいと、心の底から思った。それが自分を偽ることだとは思えなかった。たしかに感情としては、悠二にひかれるものはある。しかし久代は、感情だけが自分だとは思わなかった。理性も意志も含めて、自分と言う人格を作っているものだと信じている。その理性や意志の願うところもまた、大切な自分の人格によるものであった」。(映像)

『続氷点』:
・「好きということと、愛することとは同じですよ」という夏枝は、愛は感情だとする。しかし、啓造は「人間が本当に問題にすべき愛は、本来意志的なものだろうね」と語り、陽子は「愛とは感情ではなく、意志である」といった啓造の言葉を心にとめて、北原を選ぶ。(燃える流氷)
・陽子は「愛は意志だ」という言葉の深い意味はわからないが、「そのかくたる意志が与えられたい」と思う。「それは、真に罪をゆるし得る、唯一の権威あるものの存在によって、与えられるような気がする」。(燃える流氷)