integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

トド松/トドマツ

・『大辞泉』(増補・新装版)によると、

とどまつ【椴松】マツ科の常緑高木。樹皮は灰白色。松かさは直立してつく。赤褐色のアカトドマツと緑色のアオトドマツとがある。北海道以北に自生し、材は建築・土木。家具・パルプなどに用いる。

・林弥栄編『山渓カラー名鑑 日本の樹木』(1985、山と渓谷社)によると、

トドマツ Abies sachalinensis
モミ属
<椴松> 別名/アカトドマツ [常緑高木]
高さは普通20~25メートル。大きいものは高さ35メートルになる。樹皮はなめらかで帯紫褐色または灰褐色だが、地衣類の着生で灰褐色になるものが多い。葉は長さ1.5~2センチの線形。6月に開花する。雄花は紅色。球果は5~8.5センチで9~10月に成熟して黒褐色になる。変種のアオトドマツvar.mayrianaは樹皮が灰青色。球果は黒褐色で苞鱗が種鱗よりながくつきでて先がそる。用途 庭木、建築・器具・船舶材、パルプ 分布 北、南千島、サハリン

----------------------------------------------------

『氷点』:
見本林で陽子に出会った北原は、立て札で名前を覚えたと告げ、見本林に植えられたいくつかの植物の名を挙げる。

『積木の箱』:
・一郎と和夫は二人なかよくアリの巣を覗き込む。「まだいく分新芽の感じが残っているトドマツの下に、二人は仲よくアリの巣をのぞきこんだ」。(アリの巣)
・「大函・小函ののしかかるような絶壁の下は、とうに過ぎていた。サルオガセのさがったトドマツが目につくようになった」。(砂湯)