integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

いちい

『大辞泉』(増補・新装版)では

いちい【一位】 イチイ科の常緑高木。深山に生え、樹皮は赤褐色で浅い裂け目がある。葉は針状で、ややねじれた羽状につく。雌雄異株。実は種子を肉質の仮種皮が覆い、秋に熟して、甘い。材は緻密で光沢があり、建築・家具・細工物に用いられる。笏の材料としたところから位階の一位にちなむ名。あららぎ。おんこ。すおうのき。[季 実=春 花=秋]

---------------------------------------------------

『氷点』:辻口家と辻口医院にはいちいの生垣がある。(本文中では「いちい」には傍点が施されて表記。)