integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

聖書

『氷点』:
・啓造は富貴堂書店でマタイ伝第1章を立ち読みし、聖書を購入。
・啓造は、洞爺丸事件から十年後、「この本は、本当におれに新しい生き方を教えてくれるだろうか」「あの人のように、おれは生きたいのだ」と聖書をめくる。

『続氷点』:
・啓造は浜子に「浜ちゃんは聖書を持っているかね」と尋ね「こんど買ってきてあげよう。詠んでごらん」と言う。(奏楽)
・啓造は、旭川を立つ陽子に「えんじ色のクロス張りの聖書」を贈り、「陽子、ヨハネによる福音書八章一節から十一節までを、ぜひ読んでおくこと。父」という細い紙片を挟む。(燃える流氷)