integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

氷点:近所の八つぐらいの女の子

啓造が「十七か十八の夏」に一緒に美瑛川で泳いだ。そのとき啓造は女の子をひざに抱きかかえ、「誰にもいっては、いけないよ」とおどすように言った。

 その後、大学生の啓造は彼女とすれ違った際に、彼女の冷笑に殺意を抱き、自分と佐石にそうさして差がないことに思い至る。