integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

肉鍋

『大辞泉』(増補・新装版)によると

にくなべ【肉鍋】 1肉料理用の鍋。2鳥獣の肉などを鍋で煮ながら食う料理。

---------------------------------------------------- 

『ひつじが丘』:帰宅の遅い良一を待ちながら、竹山と奈緒実は二人で鍋をつついた。

『続氷点』:辻口家の茶の間で高木、徹、北原、夏枝、辰子は、茶の間で啓造を待っていた。「シャンデリア風の電灯が、明るく点された下に、食卓の肉鍋が湯気を上げていた」。(吹雪のあと)