integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

札幌駅

(1)人生の不確かさ、人の心のあやうさを思わせる場所。
『ひつじが丘』:
奈緒実は駅で「こんなに沢山の人々が、何らかの目的や用事を持って旅をしているのが不思議」がる。

『続氷点』:
・「何の目的で札幌に降り、何の目的で旅立つのか。この駅に降りることで、あるいは発つことで、その一生が定められる人もあろう。そんな運命的な何かが、駅にはまつわりついているような気がした」。(陸橋)

(2)うらがなしい場所
『続氷点』:
・陽子は「駅というところは、人が溢れていても妙にうらがなしい」と思う。