integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

本屋(書店)

(1)自分が孤独であることと向き合う場所。
『ひつじが丘』:
奈緒実は勤めの帰り書店に立ち寄り、学生たちが十数人もいるにもかかわらず、「だれも、自分のすぐ隣りにいる者に注意を払」わず、本を選んでは書棚に戻す行為を見て「本を読むって、淋しいことだわ」と思う。

(2)キリストあるいはキリスト教との出会う場。
『氷点』:
啓造は聖書を購入する。

 いつしか啓造は富貴堂書店の前にきていた。
 夕方の書店は、歩くこともできないほど込み合っていた。土曜日のせいかも知れなかった。人をかきわけて店の奥まで入ることがおっくうで、啓造は目の前にある書棚を見あげた。
  「クリスマス・プレゼントには聖書を」
 という貼紙があった。その下に黒表紙に金の背文字の聖書が、おどろくほどたくさん並べてあった。
 クリスマスが間近いような貼紙だったが、まだ十月の中旬であった。(雪虫)

(3)その他
『氷点』:
陽子は、自分が北原に対して誤解をしていたことに気がつくが、そばにいくことがためらわれた。(街角)

『ひつじが丘』:
奈緒実は、良一と丸善で待ち合わせをする。

『積木の箱』:
一郎は、書店で『デミヤン』を手にしたまま、夫婦雑誌を見るが、代金を支払わずに持ち去ろうとしたところを、書店員に見つかる。そこに、悠二が通りかかる。(断面図)